マツコの知らないハムスターの世界を観た感想

ハムスター, 小動物情報

マツコの知らないハムスターの世界

2018年9月23日放送のマツコの知らない世界は「マツコの知らないハムスターの世界」が放送されました。

事前の番宣で情報を得ていたハム愛好家達は楽しみにされていた人も多いようでした。

番組の内容は、どこにでもいそうなハム愛好家の夫婦がいろんなハムスターを紹介するというありふれた内容だったのですが、ハムスターだけがピックアップされることは稀ですので食い入るように観てしまいました。

「可愛い!飼いやすい!」とハムスターの飼育を勧めるような内容が多かった割に、デメリットや気をつけることに対する内容が全く無かったのが少し気になりました。

放送後、「安くて飼いやすいからと、おもちゃ感覚で扱わないでほしい」、「病気になったら高額な治療費が掛かるのも覚悟してほしい」、「ハムスター飼うに当たって困ったことや大変なことももっと紹介してほしかった」との声が殺到したらしく、ハムスター愛好家の熱さを改めて感じた次第です。

見逃した方の為に、内容をご紹介します。

マツコの知らないハムスターの世界の概要

ハムTシャツを着たハムスター愛好家の夫婦がゴールデンハムスターを持って登場。

マツコ
小さい、小さくて潰しそうで怖い

(確かにマツコサイズだと極端に小さく見えます。)

マツコ
ハムスターにとってどう見て得るんだろう
ハム愛好家夫婦
ハムは近眼で30センチ程度しか見えておらず、マツコは大きな岩のように見えていると思う

近年のハムスターブームについて紹介

YouTubeでハムスター動画が大人気

ハムスターのお尻の写真集が人気

ハムスター愛好家夫婦の紹介

  • ハムスターの匂いまで愛する山口夫婦
  • 歴代のハムちゃん7匹
  • ハムスターの寿命は2年から2年半
  • 2年ごとにハムロスがくる
  • ハムスターは死後ハムランドで幸せに暮らしている

ハムスターのペットとしての有能性

  1. 散歩がいらない
  2. 泣かない
  3. 匂いが少ない
  4. 壁を傷つけない

よってハムスターは、現代人の一人暮らしのパートナーとして最適

とその時、番組の途中で急にハムスターが寝はじめる。

ハム愛好家夫婦
ハムスターは夜行性で昼間は寝てる

マツコ
私の生活に合ってるかも

マツコ
私が楽屋にハムスター連れてくるようになったらどうする?w

ハムスターの種類

ハムちゃんは全部で24種類で品種改良や突然変異で増えていったとのこと。
中でもクロハラが一番デカい大きくが気性が荒いのだが日本では飼育が禁じられており、日本で帰るハムスターは10種類以下である。

人気の御三家

ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンは喜怒哀楽が激しい。

ゴールデンハムスター

もぐもぐタイムが可愛いく、雑食でなんでも食べる(なんでも食べさせていいわけではない)。
ゴールデンハムスターからいくつもの種類が派生しており、「キンクマハムスター」 、「ダルメシアン」、「ロングコート」などがいる」。

マツコ
キンクマハムスターは狙いすぎ、可愛いでしょみたいな顔してる

ロボロフスキーハムスター

ハムスターは基本的に単頭飼育が基本だが、ロボロフスキーハムスターは多頭飼いが可能。
ハムスターのなかでも小さいほうなので、複数で温め合う必要があるらしい。

しかし、ロボロフスキーハムスターは触れないのであくまで観賞用である。

マツコ
間違えて誤飲するサイズね

ハムスターの公園

ハムちゃんの公園を作ることがハム愛好家の中で人気とのこと。
様々なハムスター用のグッズが紹介されていました。

サイレントホイール

ほとんど音がしないとのこと、確かにサイレントホイールは静かですね。

コスプレハウス

ハムスターが顔を出すと、コスプレしてるようにみえる陶器の巣箱。

最終的に出演者夫婦がたくさんのハムスターグッズを全部貰ってました。
めちゃくちゃ羨ましい!

その他ハムスター情報

  • ハムスターはトイレと風呂を覚える
  • ハムスターは匂いはあまりしない臭くない、ハムスターは清潔
  • ハムスターは機嫌が悪いときはジジっとなく
  • ハムスターを部屋の中で散歩させることを部屋んぽという
  • ハムスターはいびきをかく
  • ハムケツというハムスターのお尻だけの本が人気

放送を見て感想

個人的にはかなり気を使って作られた番組という印象でした。
悪いものを食べさせたり、ハムスターのランニングボールなんかを使っていたらとてつもない炎上をしたと思いますが、そこまで悪い内容ではないと思います。
しかし、ハムスターのメリットだけを伝えることによって、インスタ映えのためや動画配信のために安易にハムスターを飼うことを助長しているとも考えられますので、もう少し配慮があってもよかったと思います。

もし、この放送を見てハムスターを飼うことにした人がいたら、情報を調べ尽くしてハムスターを不幸にすることのないようにお願いします。

「ハムハム探検隊」を生み出さないために

今年、「ハムハム探検隊」というyoutubeチャンネルが、どら焼き、チョコレート、そば、刺身、コーラ、アイスクリーム等の危険なものを与えており、ハムスターを雪に埋めたりと、明らかな動物虐待も見受けられ、ネット上で話題になりました。
二度とこのような人の犠牲となるハムスターが生まれないように、私としても正しい情報を発信していきたいと思います。