ハムスターを飼うために必要な初期費用とランニングコスト

ハムスター, 小動物情報

ハムスターとお金の話

ペットを飼うとなると気になるのがその費用です。

そこでキンクマ(ゴールデン)ハムスターを飼育するために必要なものとその費用についてまとめていきます。

ハムスターを飼うために必要なもの一覧

生体代

1000円〜3000円

ハムスターは繁殖が容易でなので非常に安く手に入れることができ、珍しい種類でも子供のお小遣い程度で購入可能です。
また、キンクマハムスターは小規模なペットショップでも販売しているので、その気があればいつでも飼育することはできるでしょう。
どの子も同じような顔をしているのでなかなか選べないって時は、毛並みが良く、目がしっかり開いていて、耳がピンと立っている凛々しい子を探しましょう。

ケージ

既製品

2000〜6000円

キンクマハムスターやゴールデンハムスターを飼育するには「幅60cm、奥行45cm、高さ30cm以上」が必要です。
ケージの大きさ
安くて小さいケージ済ませようとするとハムスターのストレスが溜まってしまい、拡張工事やケージの買い替えによる追加出費となってしまうので、できるだけ最初から大きなケージを用意しましょう。

下記のように様々な種類があり、それぞれ特徴がありますので自分の飼育スタイルに合ったものを選びましょう。

プラスチックタイプ

プラスチックタイプは大きめの虫かごをイメージすると分かりやすいと思います。
なかなか大きいものが売ってないので、大きめの虫かごが手に入るのであれば候補の一つに入れてもいいでしょう。
ジャンガリアンハムスター等の小さいハムスターであれば中型の虫かごでも飼えるかもしれません。

金網タイプ

金網タイプは安価で、軽くて持ち運びやすいし、給水器や回し車が取り付けやすいというメリットはありますが、金網をかじったり登ったりでせわしないです。
夜中にケージをガジガジされると飼い主の睡眠の妨げになるばかりか、病気や怪我のもとになるのでオススメしません。

夏場の暑い時期くらいは役に立つかもしれませんね。

水槽タイプ

水槽タイプはガラスやアクリル製のケージ。
透明度が高いので写真も撮りやすく、丈夫でハムスターにとっても安全です。
デメリットは高価なことや、給水器や回し車が取り付けにくいこと。

衣装ケースで自作

2000円

ハムスターを飼う楽しみの一つに、ケージを自作する楽しみも含まれるのではないでしょうか。
ハムスターは2階を作れば登ってくれるしトンネルを取り付ければ潜ってくれるし反応を見ながらDIYするのがとても楽しいです。
既製品を買えばその拡張性も限られますので、ハムスターのケージは衣装ケースで自作することをオススメします。

床材

1000円

ウッドチップも色々ありますが、冬はふかふかのウッドチップ、夏場はゴロゴロのウッドチップがオススメ。
新聞紙を使っている飼い主もいるらしいですが有害なインクが含まれていて、匂いも強いのでオススメしません。

回し車

回し車はハムスターが大人になった時の大きさで選びましょう。

既製品の回し車

2000〜3000円

我が家のキンクマハムスターはサイレントホイール21だと小さくて回さなくなってしまったので、キンクマハムスターやゴールデンハムスターのような大きめのハムスターはサイレントホイール25かサイレントホイールビッグをオススメします。

できるだけ大きめのものを選びましょう。

洗面器で自作

1000円

大きな回し車を買ったがケージの高さに合わない、ってことが結構あるんですよね。

そんな時は洗面器ホイールです。
高さがない割にサイレントホイールビッグに引けを取らないくらい足場が広いです。

ハウス、巣箱

1000円

キンクマハムスターやゴールデンハムスターはスドーの切株のお部屋一択です。
色々試しましたが、陶器製なので放熱しやすいこととサイズがちょうど良い。

給水器

500〜1000円

どれを買ってもそう変わらないと思います。
頻繁に交換するので容量も少なくて問題ありません。

トイレ

1000円

毎日掃除や入れ替えをするので、メンテナンス性の高いものを選びましょう。

トイレの砂

500円

固まるタイプと固まらないタイプがありますが、もしハムスターが砂を食べるようであれば固まらないタイプを選んでください。
固まるタイプは掃除がしやすいのでコスパもメンテナンス性も高いですが、リスクがあることは頭に入れておきましょう。

砂風呂

100円

100均のガラス瓶で大丈夫です。
もし砂風呂をトイレとして使うようであれば、砂風呂は常時置いておく必要ないかもしれません

砂風呂の砂

500円

粒の大きなものから小さなものまで色々ありますが、サラサラしてて固まらないならなんでもいいと思います。

えさ

1000円

常食のペレットは小さい頃と高齢の場合はサクサク系を、元気いっぱいの時は硬いハードタイプを選んであげてください。
いろんな種類を買ってあげて好きなペレットを見つけてあげてくださいね。

サクサクタイプ

ガリガリタイプ

おやつ

500円
ひまわりの種やチーズやウエハース等、懐かせる為の必須アイテムです。

餌皿、食器

100円

100均でいいです。
角度が浅くて軽いものはひっくり返すので、しっかり重くて縁が垂直に近いものにしましょう。

暖房、ヒーター

3000円

冬場は何かしら温めるものがないと冬眠して死んでしまいます。
エアコンをつけてもいいですが、電気代が高くつきますのでヒーターがおすすめです。

ハムスターを飼うための初期費用

上記の必要なものをまとめると、高くても20000円くらいで飼育セット一式が揃います。
犬や猫を飼う場合の初期費用は高額な生体代を含めると安くても20万以上かかりますので、ハムスターは他のペットに比べてかなり安い部類に入るでしょう。
自作したりするなどして安く抑えるとれば約13000円とさらにお手頃です。

ハムスターを飼うための消耗品

ハムスターは小食です。
エサを買うのは3カ月に1袋くらいで十分です。
1年で1000円のえさを4つ買うとして年間4000円。

トイレの砂

毎日交換するとなると毎月1袋では足りませんが、汚れた部分だけを掃除したとして2カ月に1回くらい買います。
1年で500円の砂を6つ買うとして年間3000円

砂風呂

常時置いておく必要もないので4カ月に1袋くらいの消費量です。
1年で500円の砂を3つ買うとして年間1500円

床材

床材を使う量や交換頻度によって変わってきますが、
1週間に1回交換したとして、1kgの床材は3カ月ほどで無くなります。
1年で1000円の床材を4つ買うとして年間4000円

電気代

夏場の3カ月くらいは冷房つけっぱなり、いつもの請求額から1000円ほど割高になると考えられます。
冬場にヒーターを使いますが1カ月に数百円増える程度ですのでノーカウントとします。
3カ月で3000円の電気代の上乗せと考えて年間3000円

ハムスターを飼うための維持費

上記をふまえると1年間のランニングコストは約15000円
1カ月に換算すると1250円
月に1000円程度なら財布にも優しいですね。

ハムスターを飼うためにあった方が良いもの

ビタミン剤

1000円
副菜を与えているのであれば不要かと思いますが、ペレットだけの場合は与えているのであれば必要かもしれません。
栄養剤に頼りすぎても病気になってしまいますので適量を守ってください。

かじり木

1000円
ケージや金網をガジガジ齧っているならストレスが溜まっているのかもしれません。
デンタルケアにもなりますのであるに越したことはないです。

パイプ

2000〜3000円
ハムスターは狭いところに潜るのが好きなのでパイプはストレス解消になります。
パイプに関してはハムスターの為というより、飼い主が見て楽しんでいる感が強いかも。

おすすめのハムスターグッズ

ハムスター
今回紹介した商品は、ほとんど我が家で使用しているものです。
私がいろいろ使ってみた結果、行き着いたハムスターグッズですので自信をもってご紹介させていただきました。
せっかく安く手に入れられるペットですので無駄な買い物をして割高にならないように、賢い買い物をしましょう。